介護まめ知識 親の介護(ブログ)

デイサービスを利用する時の服装は?

投稿日:

デイサービスに行く時の服装はどうする?

週に3日から5日にデイサービスの回数を増やした認知症の父親。

デイサービスに行くようになって、服や下着も買い足しました。

そこで、デイサービスの服装で、私が気を付けでいる事を書きたいと思います。

高齢者にありがちな服

高齢になってくると、若い頃と比べて体型が変わってくる人が殆どだと思います。

こんな服で困っている人は多いです。

  • サイズが合っていない服
  • 留めにくくなったボタンやホック

体型変化で服が合わない

高齢になって、肉が落ち痩せてしまった。

高齢者

肩の肉が落ちて、なで肩になったために、肩で服が止まらず落ちてしまう。

(胸が大きく開いてしまう)

反対に太ってしまってサイズが合わないという場合もありますね。

 

機能の低下により気に入った物が着られない

視力や指先の機能が低下した事により、ボタンやホックが留めにくい。

ボタン

車椅子になったので、好きな服が着られなくなった。

こんな悩みを抱える人は多いです。

できるだけ、自分の事は自分でやりたと思っています。

好みと、機能性をバランス良く取った洋服選びが必要ですね。

 

デイサービスにお勧めの服装

デイサービスに限らず、病院や施設はエアコン等の空調設備が整っていると思います。

人によって体感温度は違うと思いますので、重ね着できる服が良いです。

特に、女性はカーディガン等の羽織る物があると良いですね。

コンパクトで、ポンチョやブランケットにもなるカーディガンは、入院中にも1枚あると良いですね。

また、機能訓練の為の運動やレクリエーションをするので、動きやすい服の着用が望まれます。

入浴やトイレの時に、脱ぎ履きしやすい伸縮性のある服は、本人も介護者も負担がないと思います。

 

デイサービスにお洒落していっても良いの?

あまり華美になり過ぎると、体操等に支障が生じてしまうかもしれません。

しかし、介護されているんだから、お洒落をしなくても良いと思うのも残念ですね。

デイサービスが唯一の社交場になっている高齢者も多いです。

身なりに気を付け、自分の個性を大事にした服は自立にも繋がります。

余談ですが、利用者でいつもお洒落をして毛皮のコートを着てくる女性の方がいました。

周りの利用者は、少し驚いて話し掛けづらそうにしていました。

慣れてくると、問題はありませんでしたが、あまり周囲の人とかけ離れた服装は、当初は戸惑う可能性もありますね。

 

認知症の父親の場合

皺になりにくい素材で、脱ぎ履きのしやすい物を揃えました。

それでも週に5日デイサービスへ行くようになると、服が足りない!!!!

実は、デイサービスの計らいで、下着等の着替えは5日分デイサービスに預かってもらい、週に1度洗濯して再度預けるというスタイルになりました。

週の初めに5日分の着替え一式をデイサービスへ

デイサービス保管

週の最後に5日分自宅へ

今までは、デイサービス用のバッグ5つに着替えを入れて自宅に置いておき、その都度デイサービスへ持って行っていました。

しかし、バッグを勝手にいじってしまって必要な着替えがない!!

なんて事になってしまったのです。

バッグの中には、靴下だけ大量に入っていた事があったそうです(笑)

大量の服を頂く!

デイサービスの服に困っていた時に、お友達から大量の服と下着を頂きました。

どれもこれも綺麗に管理してある服。

そして、新品の物まで!!

実は、お父様が使われていた物です。

お友達のお父様と、お揃いの服を着ている父親。

これは本当に助かりました。

デイサービスの服装の事について書きました。
次回は、お金の管理について書きます!

衣食住のチェックポイン トはこちらです。

親の認知症チェックポイント

介護施設を探すならこちら

介護施設

【特徴】

■一人ひとりに担当アドバイザーがつき迅速かつ丁寧にサポート

■介護士の紹介/派遣も行っているきらケアだからこそ知っている内部情報の提供

■首都圏に特化し、空室情報をリアルタイムに把握

-介護まめ知識, 親の介護(ブログ)

Copyright© 親が認知症になっちゃった! , 2019 All Rights Reserved.