親の介護(ブログ)

「お金の管理」アルツハイマー型認知症の親

投稿日:

今日は、認知症である父親のお金の事について書きます。

過去にも書きました。

認知症の親の対応「お金のこと」
現在は、私が通帳関係を管理して、生活費を渡すようにしています。

万が一、全てを一度に使ったり、失くしたりしても良い程度の少額です。

その代わり、短期間の内に何度もお金を届ける手間がかかる時があります。

数日分の食材を買って、お金を渡して帰ってきます。

そのお金を1~2日で全部使ってしまうことがあります。

はてな

  • 何に使ってしまったのか?
  • 誰かにあげてしまったのか?
  • 誰かにお茶でもご馳走したか?

それもはっきりとした事は分かりません。

少し前に、近所のおばあちゃんが具合悪そうにしていたから、飲み物やパンなどを買ってあげていました。

買い物

今までも、何度かそうしていたようです。

ま~それも、独居で暮らしているので、少額のうちは必要経費と割り切るしかないですね。

そこで、先月からは手渡すお金の他に「へそくり」と書いた紙にお金を入れて、部屋に隠しておくことにしました。

へそくり

お金がないと電話がかかって来ても、直ぐに行けるとは限りませんのでね。

最初は、仏壇の引き出しの奥へ。

これは2週間もしないうちに見つかってしまいました。

へそくりがあったと、嬉しそうに電話してきました(笑)

お盆の時期で、仏壇を掃除していて発見したそうです。

次は、食器棚の中にある、普段使う事がなさそうな食器の下へ。

これは、発見されませんでした。

先日、「お金がない」と連絡が来た時に伝えました。

父親
もうお金がないんだよ
デイサービスに行っている間に仕事を抜け出して、お金を置いておいたよ(嘘です)
りん
父親
そうか!

どこにあるんだ?

食器棚の上の段の食器の下だよ
りん
父親
あった!

随分と面白いところに隠すんだな

2週間前に隠したとは言えません(笑)

こうして、工夫しながら過ごしていますが、いつまでそれもできるのか?

実は、昨日は特別養護老人ホームの申し込みをしてきました。

その件は、また改めて書きたいと思います。

親に捨てられた私が、介護をしている訳はこちらです。

独居高齢者に配食サービスはお勧めです。

介護施設を探すならこちら

介護施設

【特徴】

■一人ひとりに担当アドバイザーがつき迅速かつ丁寧にサポート

■介護士の紹介/派遣も行っているきらケアだからこそ知っている内部情報の提供

■首都圏に特化し、空室情報をリアルタイムに把握

-親の介護(ブログ)

Copyright© 親が認知症になっちゃった! , 2019 All Rights Reserved.