親の介護(ブログ)

認知症の父親にちょっと意地悪しちゃいました

アルツハイマー型認知症の父親との口喧嘩

前回の記事で、父親がショートステイを嫌がった記事を書きました。

続編になります。

ケアマネジャーの訪問時の出来事

介護保険法では、最低でも月に一度は、ケアマネジャーは利用者の家を訪問しなければならない事になっています。
(介護予防の場合は三ヵ月に一度)

父親のケアマネジャーも、来月の予定の確認とモニタリングの為に毎月来てくれています。

先日は、ショートステイの責任者の方と一緒でした。

父親と、約束の時間まで待っている間に、ちょっと意地悪をしちゃいました。

 

父親
今日は、誰が来るんだ?
ケアマネの〇〇さんが、来月の予定を決めに来るんだよ
りん
父親
俺は、ショートステイには行かないよ
何か嫌な事でもあった?
りん
父親
時間が長くて嫌なんだよ
そうか、でも私達が来られない時が心配だから、時々行って欲しいんだよ
りん
父親
俺は、行かない!!

行かないったら行かない!!
(声が大きくなる)

一人では困ることもあるでしょ。
りん
父親
俺は一人でも困らない。

だれも来なくても良いんだ!

ここで、ちょっと意地悪したくなっちゃった(笑)

あら~私達が来なくても平気なの?
りん
父親
平気だ!
そうですか!

三時間近くもかけて来ているのに、じゃあもう来ないね

りん
父親
・・・(黙って外を見ている)
買い物も洗濯も、全部自分でやってくださいよ!

二度と来ませんから

りん

私がそう言うと、プイっと怒って外に出て行った父親。
ちょっと意地悪しちゃったなと思ったけれど、私はスッキリしました(笑)

私は、父親が散歩している間に洗濯物を片付けていました。

気持ちが落ち着いてから

10分程経った頃に、庭の草を眺めていた父親の顔色が戻っている事を確認して声を掛けました。

りん
何しているの~

お茶でも飲まない?

お、そうだな
父親

そう言って、家に上がりました。

お茶

もう怒っていた事も忘れちゃったんでしょうね。

それからケアマネジャーとショートステイの責任者の方が来られて、来月の予定を確認していきました。

「来月もショートステイが入っていますので、○○さん(父親)来てくださいね」

そう言われて、ニコニコしながら

「わかった!」

そう返事した父親にびっくりです。

どこまで愛想が良いんだ(笑)

まとめ

認知症の親との付き合い方って、難しいですよね。

混乱・怒り・絶望・・・。

様々な問題や感情が、次から次へとやってきます。

一つ一つを大きな問題と捉えずに、面白いエピソードと思ってある程度流す事も大事です。

認知症の介護は「今までの暮らしから行動を推測する介護」です。

回答は一つではありませんし、その都度正解が変わる事もあるでしょう。

本人も家族も、とても根気がいります。

時には愚痴を吐いたり、酷い言葉を言ってしまったりすることもあるでしょう。

幸いな事に、それを言われた本人は忘れてしまうこと。

それで良好な親子関係が維持できて、私はありがたいと思っています。

暴言があった時は、クールダウンの為の距離をとる

ケアマネジャーをはじめとして、利用しているサービスの担当者に、相談に乗ってもらったり愚痴を聞いてもらったりするのも時には必要ですよ。

親を介護する事になった理由。

親の老化が気になり始めたらチェックしたい事
親の認知症チェックポイント!老化を感じたら帰省時に確認

介護施設を探すならこちら

介護施設

【特徴】

■一人ひとりに担当アドバイザーがつき迅速かつ丁寧にサポート

■介護士の紹介/派遣も行っているきらケアだからこそ知っている内部情報の提供

■首都圏に特化し、空室情報をリアルタイムに把握

-親の介護(ブログ)

Copyright© 親が認知症になっちゃった! , 2019 All Rights Reserved.