親の介護(ブログ)

特別養護老人ホームの入居申し込みをしてきました

更新日:

認知症の父親の施設申し込み

コンビニまで自転車で行き、そのまま置いてきてしまった事が何度かあった父親。

ついに、自転車の所在が分からなくなりました(笑)

先月、そんな父親の為に、特別養護老人ホームの入居申し込みをしてきました。

父親は、一か月に一度通院しています。

デイサービスに週5日行き始め、認知症の薬も飲むようになりました。

受診する度に、認知症の検査をしていますが、どんどん認知が進んでいます。

現在は中等度の認知症です。

 

中等度の認知症

  • 新しいことを覚えられなくなる
  • 家族や友人を忘れてしまうことがある
  • 記憶障害が軽度に比べて悪化する
  • 幻覚・妄想
  • 複数の手順が必要になることが出来なくなる
  • その他

このままだと、いつまで一人でいられるか分かりません。

どんどん認知が進んでくると、排泄や食事にも支障が生じてしまうと思います。

そこで、姉と相談して、施設の申し込みだけでもしておくことにしました。

 

施設見学

 

父親と施設の見学を兼ねて、申し込みをしてきました。

まずは施設見学です。

施設は一般棟と認知症棟に分かれていました。

見学したのは、認知症棟です。

施設

一般棟とはドアで仕切られていて、施錠されています。

いつものデイサービスと違う雰囲気に、父親の顔が不安そうになっています。

部屋は、一人部屋か、二人部屋。

ベッドとチェストが置かれていました。

施設

いつものデイサービスと違って、介護度も高い人が多いです。

施設

特別養護老人ホームに入居するには、要介護3以上が基本です。(例外もあり)

父親は介護度1なので、まだ今の状態では入居できませんが、待機者が多いので申し込みだけはしておきます。

入居可能になるまでは、ショートステイを定期的に利用して、施設での生活に慣れてもらおうと思っています。

 

(追記)ブログでも書いている通り、父親は認知症で独居です。

そんな父親は、介護度1でも申し込みできましたが、地域や施設によっては介護度3からでないと申し込みできない場合もあるようです。

詳細は、市町村や担当ケアマネジャーにご確認ください。

介護度1,2で申し込みができる要件

要介護1又は2の方は、以下の要件に当てはまる場合のみ申込みができます。
(1)認知症であって、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さがひんぱんに見られる。
(2)知的障害・精神障害等を伴い、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さ等がひんぱんに見られる。
(3)家族等による深刻な虐待が疑われること等により、心身の安全・安心の確保が困難である。
(4)単身世帯である、同居家族が高齢又は病弱である等により家族等による支援が期待できず、かつ、地域での介護サービスや生活支援の供給が不十分である

 

入居申し込み&ショートステイ利用契約

 

入居申し込みとショートステイの利用契約をしました。

契約前の説明を受けた後、いよいよ申し込み&契約です。

父親の顔には焦りが見えています(笑)

何とか、契約をストップさせたい感じです。

父親
俺は〇〇(デイサービス)だけで良いんだよ
(いつもデイサービスを休みたいと言っているのに・・・笑)

わかっているよ。

先々、何かあったら困るから申し込みするんだよ

りん
父親
俺はな~、暖かくなったら仕事に行くからな

残暑厳しい9月ですが・・・(笑)

仕事にまだいくつもり?
りん
父親
まだ働けると思うんだよ
そうか?

でも、今まで充分働いたし、そろそろ楽をしなよ

りん
父親
そうか・・・。

こんな会話をしながら、サクサクと申し込みと契約をしてきました。

駐車場に戻る途中で父親が、施設を見上げて

父親
冥途の土産に、ここに入れてくれるのか?

あれ、入居したいの?(笑)

「どっちなんだよ」と爆笑しながら帰ってきました。

申し込みをした特別養護老人ホームは待機者が100人以上です。

その中でも急を要する人は10人前後だと教えてくれました。

皆さん、取りあえず申し込みをしておくのでしょうね。

さて、施設入居をスムーズにいかせるために、ショートステイをスタートしました。

その件は、改めて書きます。

デイサービスの回数増を嫌がった父親への対策

デイサービスの回数増を嫌がった父親の対応

疎遠だった私と親の関わりについてはこちら

親の介護がスタートしました「父親は認知症」

介護施設を探すならこちら

介護施設

【特徴】

■一人ひとりに担当アドバイザーがつき迅速かつ丁寧にサポート

■介護士の紹介/派遣も行っているきらケアだからこそ知っている内部情報の提供

■首都圏に特化し、空室情報をリアルタイムに把握

-親の介護(ブログ)

Copyright© 親が認知症になっちゃった! , 2019 All Rights Reserved.